訪問看護師に転職を考えている方も増えているようです

訪問看護師 > 訪問看護師にはどういったことが期待されているのか

訪問看護師にはどういったことが期待されているのか

日本は完全に少子高齢化社会です。医療の高度化に連れ患者様は自宅で療養することができる社会になっています。入院期間は短くなって治療が終われば退院・転院するのが一般的で、この傾向が加速するに連れて介護や在宅医療の重要性が増してきました。

これまでは保育園看護師求人のニーズがありましたが、今では訪問介護に対してのニーズはとても大きいものになってきています。今回は、訪問看護師にはどういったことが期待されているのかをご説明しましょう。

現在の日本では医療への依存度がとても高いです。継続的な医療が必要になるケースが多いですし末期がんや難病の人であっても自宅療養を希望される場合が多いです。それは患者様のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)が重要視されてきているからです。

24時間対応できる訪問看護師も積極的に実施されてきておりますが、実際には介護する家族の負担はとても大きいです。 高齢者世帯や核家族が多くなって中心となる介護者が仕事をしている場合には家族のサポートは限定的になり退院しても共倒れしてしまう危険性もあります。

こういった事情を持った患者様やご家族が退院後も医療・看護・介護を安心して受けられる環境作りが大切です。 地域のサポートも必要ですが在宅生活がスムーズにできるように支援することが訪問看護師に求められているわけです。 今後、訪問看護に求められていることをまとめておきましょう。

1番目は入院している間から退院に向かっての準備をしておくことです。 病院内での連携は必要ですし、医療施設・地域医療・福祉・保健の連携は不可欠です。

退院後の不安を可能な限りなくすように訪問看護師が積極的に患者様と接触する必要があります。 患者様の生活のシーンをイメージしながら準備を進めていくことがポイントでしょう。

2番目は正確な判断力とより一層専門的な看護知識が必要です。 実際に現場では医療の高度化が進み正確な看護スキルを提供しなければなりません。 とりわけ医師がいない場合の急変時の対応です。

3番目は、福祉機関・医療機関との協働・連携を構築するマネジメントスキルとチームワーク力を磨くことです。 最近は独居老人世帯が増えており介護不足が大きな問題になっているのです。

訪問看護師だけでケアするのは現実的ではありません。他の機関とスムーズに連携をして患者様やご家族が不安がなく暮らしていくように協働することが求められています。