訪問看護師にはどういったことが期待されているのか

訪問看護師にはどういったことが期待されているのか

日本は完全に少子高齢化社会です。医療の高度化に連れ患者様は自宅で療養することができる社会になっています。入院期間は短くなって治療が終われば退院・転院するのが一般的で、この傾向が加速するに連れて介護や在宅医療の重要性が増してきました。

これまでは保育園看護師求人のニーズがありましたが、今では訪問介護に対してのニーズはとても大きいものになってきています。今回は、訪問看護師にはどういったことが期待されているのかをご説明しましょう。

現在の日本では医療への依存度がとても高いです。継続的な医療が必要になるケースが多いですし末期がんや難病の人であっても自宅療養を希望される場合が多いです。それは患者様のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)が重要視されてきているからです。

24時間対応できる訪問看護師も積極的に実施されてきておりますが、実際には介護する家族の負担はとても大きいです。 高齢者世帯や核家族が多くなって中心となる介護者が仕事をしている場合には家族のサポートは限定的になり退院しても共倒れしてしまう危険性もあります。

こういった事情を持った患者様やご家族が退院後も医療・看護・介護を安心して受けられる環境作りが大切です。 地域のサポートも必要ですが在宅生活がスムーズにできるように支援することが訪問看護師に求められているわけです。 今後、訪問看護に求められていることをまとめておきましょう。

1番目は入院している間から退院に向かっての準備をしておくことです。 病院内での連携は必要ですし、医療施設・地域医療・福祉・保健の連携は不可欠です。

退院後の不安を可能な限りなくすように訪問看護師が積極的に患者様と接触する必要があります。 患者様の生活のシーンをイメージしながら準備を進めていくことがポイントでしょう。

2番目は正確な判断力とより一層専門的な看護知識が必要です。 実際に現場では医療の高度化が進み正確な看護スキルを提供しなければなりません。 とりわけ医師がいない場合の急変時の対応です。

3番目は、福祉機関・医療機関との協働・連携を構築するマネジメントスキルとチームワーク力を磨くことです。 最近は独居老人世帯が増えており介護不足が大きな問題になっているのです。

訪問看護師だけでケアするのは現実的ではありません。他の機関とスムーズに連携をして患者様やご家族が不安がなく暮らしていくように協働することが求められています。

介護施設での看護師の仕事

高齢化により年々、介護施設の需要が高くなっています。 そのような介護の現場で働くことも看護師の一つの職業です。 介護施設にも様々な形態があり、よく言われる老人ホームや デイサービスなどがあります。

通常の病院での仕事との大きな違いは、介護施設は治療の現場とは 違うと言うことです。 そのため、介護施設での看護師の役割は、高齢者を見守ること。 毎日の健康状態を細かく把握することが主な仕事となります。

介護の現場では高齢者らの日々の健康管理が一番重要な業務と 言えるでしょう。

具体的には毎日の血圧測定、検温、服薬の管理、じょくそうや 口腔のケア、緊急時の対応等が挙げられます。

生活における食事やトイレなどの介助は、主に介護師さんの仕事と 思われていますが、介護施設の規模やスタッフの構成などにより 看護師も介護業務を行うこともあります。

介護施設と一口に言ってもその種類は様々です。 代表的な施設に「特別養護老人ホーム」「デイサービス」などが ありますが、それぞれどのようなものなのでしょう。

1.介護老人保健施設

老健という言葉を聞いたことはあると思います。 この老健の正式名称が「介護老人保健施設」です。 老健は家庭での生活に戻るためにリハビリを目的として 入居する施設です。

要介護1~5と認定されている65歳以上の高齢者が入居の対象です。 最長6ヶ月の入居が可能で医師や看護師も常駐しています。

2.有料老人ホーム

一般的に老人ホームと言われるものは、民間が運営する 有料老人ホームです。入居に際しての規定は施設によって 様々ですが、主に60歳以上の方を対象にしているようです。

施設の特色もアットホームな感じ、高級な感じなど、 施設によって様々な特徴がありますので、 入居を考える場合は事前の見学をするとよいでしょう。

3.デイサービス

通所介護であるデイサービスは自宅から施設までを送迎して、 食事やリハビリ、入浴などのサービスを提供する施設です。 比較的介護度の低い利用者が多いため、看護師の人数が1名のみ といった施設が多いようです。

このほかにも特別養護老人ホームやグループホーム、 ケアハウスなど、介護現場には様々な種類の施設があります。 施設や介護度によって看護師の役割も違い、 繊細な観察力を必要とする現場です。

救急看護の認定看護師とはどういうものか

テレビなどでもよく取り上げられることのある救急看護ですが、 この救急看護にも認定看護師の資格が与えられています。

救急看護の認定看護師は、最新の救急医療に対応できるように 常に確実な救命技術や判断ができるよう勤めています。

そして救急の現場では、常に危機状況になった患者や家族への 対応が必要となるため、救命技術だけでなく精神面での看護も 大変重要とされています。

救急の場面で求められるものは設備や医療技術はもちろん、 チームワークなどがあげられますが、 最も救急医療の質を向上させるという事に関係するものは、 現場に従事するスタッフらの技術です。

現在では救急隊員をはじめとし、医師や看護師などのより高度な 救命技術が求められているため、救急医療に従事する者の質の向上 が日々目標とされています。

このような救急医療の現場では看護師の専門的な知識が必須と なっているため、日本看護協会により1997年に救急看護の スペシャリストである救急看護の認定看護師が発足されました。

救急看護での認定看護師の数はまだまだ不十分です。 認定看護師制度ができてすぐに救急看護における認定看護師制度も 定められましたが、教育現場の不足などの理由で十分な人数の 教育ができなかったことが原因と思われています。

救急医療の需要が高まった昨今では認定看護師の数は徐々に 増えつつありますが、まだまだ不十分だと言われています。

日本における救急医療の必要性は地域によっても様々で、 看護師も多種多様な業務が必要とされています。 病院での救急看護はもちろんですが、自然災害での救急対応も 重大な認定看護師の役目となっています。

このような災害現場における対応は一般の看護師の場合、 患者の状態を見て手当てを行う順番を見極めることが難しいことや、 救急の対応に不慣れなことにより不安が大きくなるため、 認定看護師による対応がとても重要となっています。

2012年での救急看護の認定看護指数は614名とかなり少人数です。 救急医療や災害現場での救急看護認定看護師の需要はかなり高まっ ているのが現状で、更なる技術やスキルの向上が期待されています。

看護師の給料と夜勤手当

看護師の給料はどれくらいなのでしょうか。 看護師という職業は精神的に辛いことも多く、体力も必要とされます。

そういったこともあり、一般的な事務職などに比べると少し高めの給料が設定されているといえるでしょう。 お給料というのはどこで勤務するかという点によって大きく変わってくるので一概には言えませんが、パートをした場合の時給は1,300円以上とされています。 一般的な事務職などではなかなかこれほど高額な時給を受け取ることができないのではないでしょうか。

専門的な資格が必要となりますが、取得しておいて損をするような資格ではないので、看護師を目指しているけど挫折しそう…という方も頑張ってみてくださいね。

ちなみに、准看護師の場合はどうなのかというと、正看護師の人とほとんど同じような仕事を担当していたとしても、准看護師であるというだけで多少は給料が少なくなってしまいます。

ただ、職場によっては時給2,000円以上というところも見つかるため、准看護師では絶対に高収入が期待できないというわけではありません。 職場によって給料は大きく違うということを理解し、自分の働きをしっかり見つめてくれる職場を探しましょう。

次に、発見の看護師として働いた場合の時給や日給についてですが、こちらはかなり高めの設定となっています。 一日で1万円以上稼ぐことも不可能ではないため、正社員として働きたい職場はまだ見つからないけれど単発の仕事をしたいという方も派遣のお仕事を探してみると良いですね。

派遣先によって担当する業務の内容というのは大きく違います。 だからこそできるだけ多くの求人情報を集め、自分にとって最適なところを探してみましょう。

最後に、夜勤に関することについてです。 夜勤手当がいくら出るかというのは職場によって大きく違います。

かなり高額なところだと夜勤は1回するだけで3万円もらえるような場合もあるため、しっかり稼ぎたいと思ってるのであれば夜勤手当が高めに設定されているところを選択しましょう。